法律の問題

法定相続人と分配割合

故人の遺産を相続する際に、特別に遺言や合意がない場合は、まず最初に法定相続人を確認します。法定相続人と故人(被相続人)との関係によって、遺産の分配割合が変わるためです。配偶者が生存する前提で、次の3ケースをシミュレーションします。1番目のケースとして、配偶者と子供が相続する場合は、配偶者が2分の1を、子供が2分の1を相続します。2番目のケースとして、配偶者と直系尊属が相続する場合は、配偶者が3分の2を、直系尊属が3分の1を相続します。3番目のケースとして、配偶者と兄弟姉妹が相続する場合、配偶者が4分の3を、兄弟姉妹が4分の1を相続します。いずれのケースでも、配偶者以外は複数人が存在する可能性があります。その場合は、複数人全員で分配します。例えば、1番目のケースで子供が2人いれば、子供2人で2分の1を分配します。この分配割合を前提に相続遺産総額を分配して、必要に応じて相続税を納付します。

相続税の計算シミュレーション

平成27年1月に夫が死亡して、法定相続人は配偶者と子供2人、正味の遺産総額が8,000万円として、相続税額の計算シミュレーションを行ないます。シミュレーションを行なう前に、正味の遺産額ですが、現預金、有価証券、土地・建物から借入金や葬儀費用等を差し引いた金額が正味の遺産総額になります。まず、正味の遺産総額から基礎控除を減額して、課税される遺産総額を算出します。基礎控除額は平成27年1月1日以降は、3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算します(平成26年12月31日までは計算が異なります)。つまり、8,000万円−(3,000万円+600万円×3)=3,200万円が課税遺産総額です。次に、この課税遺産総額を法定相続人で分配すると、配偶者が1,800円、子供1人につき600万円が遺産額として相続します。最後に、法定相続人毎に遺産相続額に応じた相続税率を乗算して控除額を減額すると、各人の相続税額が算出されます。配偶者:1,800万円×15%−50万円=220万円子供1人当たり:600万円×10%−0円=60万円以上が相続税のシミュレーション結果です。

トピックス

企業と社員

企業の雇う側と雇われる側のトラブルは、昔も今も多くあります。職種や雇用形態が多様化した現代の方が、むしろトラブルも多様化しています。 トラブルがおこった時には、公平に話をすることも大切です。

詳細を確認する

キャッシングの知識

カード会社や消費者金融からの借り入れやキャッシングを行ない、法律が定める上限金利を上回る利息を返済している消費者が数多くいます。過払い金を利用する事で返済が楽になるケースがあるので、紹介します。

詳細を確認する

選ぶ方法

ネットを見ることでいろいろな法律事務所のホームページを見ることがあります。その中で多く相談があることが離婚のことになります。中には、離婚専門の弁護士もあるので、適切な対応ができます。

詳細を確認する

トピックス

事故は弁護士に相談

車に注意して歩行していても、車の運転手の不注意で事故に遭ったら、防ぎようがありません。交通事故のトラブルは弁護士に依頼しましょう。後々トラブルになる事が多いので、慎重に進めましょう。

詳細を確認する